冬でも快適に宮古島でシュノーケリング!ウェットスーツ無料レンタルをする方法

  • URLをコピーしました!

冬の宮古島でシュノーケリングってできるの?寒さが心配・・・と思っていませんか?

確かに宮古島でも冬はひんやりする時期ではあります。

しかし、それは水着だけで泳ぐ場合の話です!

ウェットスーツを着れば冬でも温かく、快適にシュノーケリングツアーを楽しむ事ができます。

まんぼうくん

ウェットスーツをお得に借りるにはどうすればいいの?

はまちゃん

初心者専門宮古島シュノーケリングツアーがおすすめ!
無料でウェットスーツのレンタルをやってます!

今回は冬でも快適に宮古島でシュノーケリング!ウェットスーツ無料レンタルをする方法を解説します。

初心者専門宮古島シュノーケリングツアー」を運営する私「浜 佑介」は、ダイビング歴20年のダイビングインストラクターです

ダイビング、シュノーケリングの知識だけでなく、宮古島や沖縄の様々な情報に精通しています。

浜 佑介
  • 石垣島と宮古島でマリン会社経営
  • ガイド歴16年 PADI インストラクター
  • 初心者のガイド累計10000人以上!
この記事知れること
  • 宮古島の冬の海について
  • ウェットスーツがあるとどんなメリットがあるのか?
  • ウェットスーツを無料でレンタルする方法

を解説していきます。

宮古島の海がいつまで泳げるのか?気になる方はこちらもチェック!

目次

冬の宮古島はどれくらい寒い?

宮古島の気温は一番寒くなる1月〜2月でも最低気温が15度程度です。

パーカーがあれば過ごせるくらいの気温ですが、常夏のイメージで来てしまう人には少し肌寒い気温です。

暖かい日は25度はあるので、半袖短パンでも過ごせます。

パーカーを着ると汗ばむ気温なので、服装のチョイスが意外と難しいです!

まんぼうくん

気温のバラツキがこんなに大きいって知らない人が意外と多いよ・・・

はまちゃん

冬の宮古島の情報をまとめているので、こちらも見てくださいね!

水温は21度なので水着で入るのは辛い・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気温に比べて水温は大きく変化することはありません。

9月後半から少しずつ水温が下がり始め、11月には水着で入るのは辛い水温になります。

2月頃が一番寒い時期で、水温は21度前後になります。

この時期には水着で海に入ると、10分もいることができない位の寒さです。

はまちゃん

水風呂のような寒さ!
無理して入ると絶対風邪ひきます!

今だけ!シュノーケリングツアーのお得すぎるキャンペーンを実施中!

※画像をクリックして確認できます!

宮古島シュノーケルツアー
人気No1ガイド確約プラン

今のうちに旅の予定を決めませんか…?

ウェットスーツを着れば寒さと危険を防げる!

ウェットスーツはシュノーケリングだけでなく、ダイビング、サーフィンなどでも活用されます。

使用目的としては以下のようになります。

  • 寒さを防いで快適にシュノーケリング
  • サンゴや岩、クラゲなどによる怪我の防止
  • ライフジャケットの様に浮力を確保

ウェットスーツの使用目的はこのようになります。

次はこれらを解説していきます。

寒さを防いで快適にシュノーケリング

ウェットスーツはその名の通り濡れた状態になります。

スーツの中は濡れないの?と言った質問も頂きますが、ウェットスーツは濡れることで保温を行っています。

まんぼうくん

濡れると保温になる・・・どういうこと?

はまちゃん

これには仕組みがあるので簡単に解説しますね!

STEP
ウェットスーツの中に冷たい水が入る

この時点では人間は「寒い!」と感じます。

まだ保温効果は出ていません。

冷たい水は体の熱を奪うので、熱を奪われている間は寒くなっていきます。

STEP
ウェットスーツの中の水が体温に温められる

水が少しずつ体温から熱を奪います。

水温が少しずつ体温に近い状態になります。

この辺りから寒さが和らぎます。

STEP
水温が最大限体温に近づく

体温と同じまでは無理ですが、最大限近づくことで寒さがかなり和らぎます。

水が体温を奪う作用が少なくなることで寒さを感じにくくなります。

海に入って、寒い!!と感じるのは最初の数秒だけで、すぐにウェットスーツの保温機能が働きます。

サンゴや岩、クラゲなどによる怪我の防止

宮古島の海には危険が沢山あります。

特に、サンゴや岩による擦り傷、怪我などは頻繁におこります。

また、ハブクラゲ、カツオノエボシなどの危険生物も多く現れます。

ウェットスーツはそれらの危険から体を守る事ができます!

まんぼうくん

サンゴも危険なの?

はまちゃん

サンゴは固いので、擦り傷がつきやすいです。
弱いですが毒も持っているので、要注意です!

危険生物について知りたい人はこちらをチェック!

ライフジャケットの様に浮力を確保できる

シュノーケリングといえばライフジャケットをイメージする方が多いかも知れません。

ライフジャケットは体が沈まない様にする機材で、安全にシュノーケリングをするには必須のアイテムです。

実際にシュノーケリング中の死亡事故は90%以上がライフジャケット未装着の方でした。

ウェットスーツはライフジャケットの様に体を浮かせる事ができるので、ライフジャケットかウェットスーツどちらを着用すれば安全上問題はありません。

ウェットスーツを無料でレンタルするには

冬の宮古島ではウェットスーツのレンタルを行っているショップがあります。

無料サービスでレンタルしているお店〜1着2,000円でレンタルができるお店があります。

初心者専門宮古島シュノーケリングツアーでは無料でウェットスーツのレンタルを行っています。

レンタルのみは行っておらず、ツアーに参加した方は無料でレンタルが可能です。

ボタンをクリックして、ツアーの詳細を確認する

冬でもウェットスーツでシュノーケリングが楽しめる!

冬でも快適に宮古島でシュノーケリング!ウェットスーツ無料レンタルをする方法いかがでしたでしょうか?

折角の宮古島旅行!海に入らないなんてもったいない!

でも寒さが心配・・・という人はメリットたっぷりのウェットスーツで快適にシュノーケリングをして下さい!

冬は観光客も少ないので貸切でツアー開催ということもよくあります。

意外と狙い目の冬の宮古島もオススメです!

\ツアーの詳細を見たい人はこちら/

\ツアーの空きの確認はこちら/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次